水素イオンの働き

水素水や水素ミストに含まれる水素イオンには以下のような働きがあります。

 

フリーラジカルの除去

 

フリーラジカルとはもともと安定しない状態で体内に存在しています。そこで水素水を飲むと、マイナス電子を持った水素イオンがフリーラジカルに電子を提供し、安定した水分子に変えて身体から排出してくれます。
フリーラジカルが減ると心臓や脳の血管への負担が軽減することから、脳心臓血管障害のリスクが大幅に減り、急激な血圧の変化による血管損傷が起こりにくくなります。

 

アデノシン3リン酸の増加

 

アデノシン3リン酸とは食事から作り出された細胞のエネルギー源をさします。
水素イオンが提供するマイナス電子は傷ついた細胞を修復し、細胞の持つエネルギーを高めます。これにより、細胞分裂能力と細胞本来の寿命も高まり、代謝能力の改善や余った糖や脂肪を燃焼しさらに多くのアデノシン3リン酸を作り出すことにつながります。

 

血管の通りを良くする

 

大脳には多くの血管と血液が通っていますが、細菌やウイルスの侵入を防ぐため、大脳の入り口は血液脳関門という特殊な構造をしています。
抗酸化物質の中でも水素は圧倒的に小さく、その大きさは細胞の10〜15万分の一と言われています。
このため、一般的に到達しにくい大脳へも抗酸化作用を発揮し、脳に血栓をできにくくします。

 

栄養の吸収と代謝の促進

 

細胞本来の機能を正常に戻すため、代謝が上がり、さらに傷ついた細胞の修復が進みやすくなります。

FX Online Japan評判