水素水の飲み方

環境汚染が世界的にも問題視されている現在、安全な飲み水は健康を守る上で極めて重要となります。
水素水は、安全で健康増進効果があることから今注目されており、飲み方に注意すると更に効果が得られやすくなります。

 

健康な場合

 

水素水に含まれる水素分子にはフリーラジカルを除去する効果があり、これは老化や様々な病気の予防につながります。
健康な人が健康維持を目的に飲む場合は、朝晩に360mlずつ普段の飲み水として飲むようにします。フリーラジカルは体内で毎日大量に発生するしているため、これらを効果的に代謝することができ、不調から身体を守ります。

 

不調がある場合

 

水素水はその抗酸化力から様々な不調を軽減し、健康な状態へ近づけることが分かっています。
不調がある人も健康な人と飲み方は同じですが、15?30日間をワンクールとし、しっかり続けるようにします。この期間中に効果の改善が見られるということです。

 

ストレス疲れの場合

 

焦りや生活中のストレスが大きくなりすぎると、アドレナリンが急上昇します。この時体内には大量のフリーラジカルが発生し、健康に直接被害をもたらします。
しかしこれらは普段から身体を鍛えたり、楽観的な気持ちで物事を捉えるように心がけることに加え、水素水を飲むことでも回避することができます。
朝晩360mlずつが目安になりますが、ストレス疲れを感じた時など時間を選ばす飲むようにします。

 

お酒を飲んだ時

 

飲酒後30分以内に360mlを目安に飲み、体内の毒素を排出するようにします。水素水は身体に必要な水分を補給するだけでなく、アルコールの作用を消す効果があります。
また、水素水の成分構造は体液に近く身体に吸収されやすいという利点のほか、飲酒で大量に発生したフリーラジカルを除去し肝臓を保護する働きがあります。

 

肌ケアをする場合

 

代謝の一連のサイクルのうち、老廃物の排出は食事から摂取した多く栄養素の力を借りて行われます。水素水は糖分などを一切含まないため代謝のサイクルを邪魔することがありません。
朝晩360mlずつ、7〜15日をワンクールとして飲用します。

 

運動の前後

 

運動の2時間前に約720ml飲むようにします。これは、運動前に水分補給をすると体温調節機能が高まり、運動に集中できるようにするためです。
また、2時間あけることで水素水が腎臓の代謝を十分に促し、体液のバランスと細胞間の浸透圧の状態を最高の状態に整えるためフリーラジカルを除去しやすくなります。
更に、運動の合間に水素水を補給すると、運動時に発生するフリーラジカルを取り除く効果があります。この時の水温は15〜20℃が吸収されやすく、沢山汗をかいた時でも一気に飲まず、少しずつ飲むようにし、運動後も720ml飲むと効果的です。

FX Online Japan評判