活性水素と活性酸素

活性水素には身体を錆びさせる活性酸素を除去する効果があります。

 

活性酸素とは

 

私たちが毎日摂っている食事は、肺から吸う酸素を使って体内で燃やされ、エネルギーとして代謝されます。
この一連のサイクルは生命維持に必要不可欠であり、この時燃え残った分が活性酸素となります。

 

活性水素とは

 

水素は還元力(抗酸化作用)が強く、抗酸化物質というと一般的にその中の水素分子(H)を指します。
更にこの水素分子は還元力が特に強力な水素原子から構成され、水素分解酵素によって切り離された水素原子(H)を活性水素と呼びます。

 

体内で活性酸素が優勢になると

 

代謝が追いつかず、活性酸素がたまり始めると病気にかかりやすくなります。よって、すでに不調や病気を抱えた人が活性酸素を取り除く生活を心がければ、症状が好転したり悪化が防げるとされています。
大切なのは、健康な時から活性酸素の存在を意識し、水素水等の抗酸化物質を摂ることにあります。
ちなみに水素以外の抗酸化物質には、ビタミンC、E、βカロチン、イソフラボン、クロレラ、ローヤルゼリー、DHA、胚芽油などが挙げられます。

 

水素水の製造過程

 

以上より、一般に売られている水素水は以下の2つの方法から作られます。
(1)電解法:水を水素と酸素に分解し、そこから水素水を取り出す方法です。
(2)マグネシウムを利用する方法:金属マグネシウムを水につけると、酸化マグネシウムに変化し、その過程で発生する水素を利用します。

FX Online Japan評判