良質な水素水とは

現在売られている水素水には様々な種類があり、どれを選べば良いか迷う人も多いと思います。
しかし、実際には多くの調査、統計、研究、分析をもとに世界中の科学者が認めた良い水素水の条件というものがあります。
どんな条件を満たしていれば、身体に効果があるのか、今回はそんな疑問についてお答えします。

 

汚染されていないこと

 

有毒や有害なものの汚染を受けておらず、無味無臭であること。

 

適度な硬度

 

硬度とはカルシウムイオンやマグネシウムイオンの含有量を指します。炭酸カルシウムを例に挙げると、適量は30〜200mg/Lです。

 

適度なミネラルと微量元素

 

身体が必要とする量のミネラルと微量元素を含み、これらがしっかり水に溶け込んでいる必要があります。
ミネラルなどの無機質成分が300mg/L前後水に溶けていることが必要とされます。

 

PH

 

7(中性)以上の弱アルカリ性が体液に溶け込みやすいとされています。

 

適度な酸素と二酸化炭素量

 

水中に溶けている酸素は6mg/L以下、二酸化炭素は10〜30mg/L以下が望ましいとされます。

 

分子量

 

通常水に溶けて散らばった水素分子は集まってクラスターという塊を形成します。多すぎると浸透力が落ちるため、5〜6個の水分子が連なっている状態が良いとされます。

 

生理活性作用が高い

 

浸透、溶解、代謝、酸化を還元する能力が高いことが重要とされます。
科学の発展に伴い、飲み水は単に喉の渇きを癒すためだけでなくなりつつあります。

FX Online Japan評判