水素スティックと水素水サーバー

水素の抗酸化作用は健康と美容に大変有効です。そして、これまで大がかりな装置で製造していた水素水が、今や家庭で簡単に作れるようになりました。
今回は水素水を作る2つのツールについて利点や違いを紹介します。

 

水素スティック

 

金属マグネシウムの入った棒を水と一緒に入れておくと、水素水になるというものです。
水中で少しずつ水素が発生するため、スティックを入れてから水素水になるまで数時間かかりますが、容器の開け閉めで水素が逃げても数日間は絶えず水素が発生し続けます。

 

水素水サーバー

 

水道工事で水道から直接水素水が出るようなタイプから、ウォーターサーバーのようにタンクを設置するタイプ、或いは小さなタンクに水素水を入れてそのつど水素水を作るタイプとさまざまです。
数千円の水素スティックと比べると、いずれも価格はケタ違いですが、水素濃度も高くなります。

 

共通点

 

(1)水素電子を発生させる。
(2)普通の水道水を弱アルカリ化(PH7.3〜8.8)化する。
(3)水質を改善し、塩素を除去する。
(4)ミネラルウォーターを使用すると水中のミネラルが増加する。
(5) 確かな生理活性作用が得られる。

 

相違点

 

(1)一般的な水素スティックの濃度は0.8ppmであるのに対し、水素水サーバーはほとんどが1.0ppm以上であり、高いものでは2.0ppmに達するものもある。
(2)水素濃度の違いにより、アンチエイジング、高血圧、心臓病、糖尿病の抑制効果が異なる。
(3)水素水スティックよりも水素水サーバーの方が早く水素水が作れる。(平均して約2分)

FX Online Japan評判