水素水と治療効果

病気と酸化

 

病気のメカニズムを考えたとき、身体の酸化はほぼ全ての病気の病理過程に当てはまります。
食事や生活習慣の改善による予防方法が推奨されていますが、身体の酸化は老化の一因でもあり、年齢とともに進むため防止が非常に困難でもあります。
水素水には酸化部分に集中して抗酸化作用を発揮するという特性があるため、幅広い病気の治療に効果があると言えます。
実際、数多くの動物実験においても酸化による損傷や、炎症反応、細胞の衰退を減少させることから、40種類以上の病気に効果があると証明されています。

 

酸化による損傷

 

例えば、脳卒中や心筋梗塞、心臓の手術後よく見られる現象の1つに酸化による組織の損傷が挙げられます。
これは酸化で血流不足だった部分に急に血が通い起こる損傷で、腎臓や肝臓、小腸など重要な器官でも見られます。
これらと老化が合わさるとパーキンソン病や糖尿病、肥満といった神経退行性疾患、また関節炎や全身の炎症反応などの炎症性疾患に派生して、さまざまな合併症を引き起こすとされています。

 

確立しつつある治療効果

 

これまでは大規模な臨床データがなく、水素水の治療価値について証明が難しいとされてきましたが、最近少しずつ研究が進み、水素水の抗酸化作用はこれらの損傷を修復する効果があるとされています。
特にこの研究は、糖尿病、腎不全、脳卒中、皮膚病、肝がんの放射線治療の分野で盛んに行われており、水素水の有効性が報告されています。

FX Online Japan評判