水素水と活性酸素

水素を含まない水

 

水は身体を構成する基本成分ですが、自然界の水の99.9%は水素を含んでいません。
自然界の水とは私たちが普段口にする水道水のほか、井戸水、雨水、湖水、渓流水、地下水、鉱泉水等を指し、これらに活性酸素の除去効果はほとんどありません。

 

活性酸素と病気

 

活性酸素は万病のもとと言われ、呼吸で取り込んだ酸素の約2%は活性酸素となります。
例えば1分間に20回呼吸をすれば呼吸の度に体内には活性酸素が作り出されます。1回の呼吸量が500mlなら1分間で取り込む10000mlの空気のうち約20%(2000ml)が酸素であり、更にその中の約2%(40ml)が活性酸素に変化するということになります。
これらは普通の酸素と比べ電子の数が欠けていたり、急激な発生により酸素分子が安定しにくい等の理由から化学変化(身体を錆びさせる酸化現象)を起こしやすいのが特徴です。

 

腸内異常発酵

 

食べ物は腸で消化吸収後、残りカスとなり便として排泄されます。便の臭いがきつい場合は、活性酸素により腸内細菌が弱り、腸内異常発酵を起こしている可能性があります。
腸内細菌はホルモンやビタミン、酵素を生成したり、血糖、血圧、コレステロールを代謝し正常値に整えたりすることで知られています。
他にも虫歯の予防、タンパク質を合成し免疫機能の調節にも関わりがあるとされます。
水素水は腸内に何千億個と存在する細菌の代謝能力を高め、活性酸素が排出されやすい状態に戻します。
体内に取り込まれにくいとされた水素は、水素水により腸のデトックス効果をも可能にします。

FX Online Japan評判