水素水と脳心臓血管障害

水素水は数多くの病気に対し、治療効果を確立しつつあります。
そこで今回は脳心臓血管障害の治療効果について紹介します。

 

脳心臓血管障害とは

 

心臓血管障害とは主に冠状動脈性心疾患、心筋梗塞を指し、脳血管障害とは脳血栓、脳梗塞、脳卒中他11種類の病気を指します。
これらは全て動脈硬化や高血圧、高脂血症、高血糖、過粘稠度症候群、循環器障害が原因で起こるとされています。

 

血管障害はなぜ多い

 

体内の血管は、毛細血管に至るまで全て繋がっており、全長はおよそ10万kmとも言われます。これは赤道2周分に相当し、血液は血管というパイプラインを通じて全ての臓器や組織に栄養や老廃物を送る仕組みになっています。
このため、もしどこかで血流が遮断すれば、その先の様々な器官にダメージが及ぶことになります。
血管は張り巡らされているがゆえに障害が起きやすく、影響を受ける範囲が広いのです。

 

水素イオンの働き

 

臨床研究ではマイナスイオンを帯びた水素イオンは脳血管障害脳血管リスクを低下させることがわかっています。
また水素イオンはHDLコレステロールの酸化を抑制する一方、血小板の凝縮や炎症物質の活性化を抑制します。
他に、免疫細胞が血管壁の内皮細胞に集まって付着し動脈硬化を引き起こす過程においても、その抑制効果は重視されています。
水素イオンは早い段階で免疫細胞を活性化し、内皮細胞や平滑筋細胞との相互作用を高めて動脈硬化を予防します。

FX Online Japan評判