水素水の成分と種類

水素水は、皮膚に浸透し血液に溶け込んで微生物酵素同様の生理活性作用があります。

 

微生物酵素とは

 

微生物物酵素の存在は以前から知られており、海外では発電や環境保護、農業分野で幅広く活用されています。
体内でいうところの微生物とは腸内細菌であり、腸内細菌はヒトの消化酵素では分解できない多糖類などをかわりに分解します。そして分解の過程で生じた水素が血流に乗って全身をめぐり、抗酸化作用を発揮すると言われています。
水素水は腸内細菌の力が及びにくい胃などにも直接水素を届けることができ、今では科学技術の発展により、この効果を長く維持できるようになりました。

 

水素水の種類

 

一般に水素水は以下の3つに分けられます。

 

(1)ミネラルウオーターなど
水素は水に溶けにくい物質です。しかし水素水の定義ははっきりとは定まっていないため、水道水やミネラルウオーター、精製水にも微量の水素が含まれるという理由で、これらを水素水と呼ぶ考え方もあるようです。

 

(2)水素充填水
機械を使って水を電解し、発生した水素を溶け込ませたものです。主に水素分子量が300PPbを超えるものを指します。
水素充填水は真空パックにして売られることが多く、長く空気に触れると水素が気化し普通の水に戻ってしまうという特徴があります。

 

(3)活性水素水
自然界に存在する岩清水には安定した水素が溶け込んでいるとされています。また、特殊な機械を通し生理活性作用を保ちつつ安定した水素を含むものが、現在、活性水素水として多く売られています。

FX Online Japan評判