水素水の歴史

水素水は今からおよそ100年前にフランスのピレネー山脈のふもとにあるルルドの泉や、ドイツのノルデナウの洞窟の泉の持つ慢性疾患の治療効果がきっかけでした。

日本では

 

1998年朝日放送でこれらの泉の効果が取り上げられました。この時、水の成分は他の鉱泉と大差はないものの、これらの泉の水素含有量は他に比べて非常に高いことと、慢性疾患の治療効果は確かにあることが報じられました。
しかし、当時の科学技術は水素の持つ生理活性作用を証明するに至りませんでした。
その後2007年に、日本医科大学の大澤教授が雑誌ネイチャーメディシンで、水素による抗酸化治療について発表し、この発見が水素分子による生物学分野の研究と産業発展の幕開けとなりました。

 

その後の発展

 

2008年アメリカ、ドイツ、フランス、スイス、韓国などが研究機関に加わり水素分子の医学的効能について研究を始めました。
ほぼ同時期に日本医科大学的太田成男教授が、水素分子は医学界に革命的影響を与えるといった内容の論文を発表し、2009年水素は液体に溶けにくいという難題を克服し、日本は最初に水素水の生産に成功しました。
水素水は瞬く間に世界に普及し2010年には国内に水素水を生産する会社が30社以上に登りました。
2011年福島原発事故を受け、水素水市場はさらに増加し、ネット販売だけで年間売上げは200億円に達しました。
2012年には12の先進国から1700名の研究員が450もの水素分子に関する医学的論文を発表し、フリーラジカルを原因とする62種類の疾病の治療効果を証明しました。
これらのの影響を受け、その後も水素水の市場規模は拡大を続けています。

FX Online Japan評判