水素水の皮膚への効果

2007年に太田医師により水素水の効能が見直されて以来、水素水は人々に知られるようになりました。
数ある分子のうち、水素分子は最も小さく浸透力に優れていることから、医療面において吸入、注射、飲用という形で活用することができます。
またその扱いやすさから、美容面でも用いられています。

 

アンチエイジング効果

 

水素水パックは皮膚へ吸収力が高く、無毒な美容法アイテムとして今人気を博しています。
2011年広島大学生命と環境科学学科は、水素水が繊維細胞のコラーゲン繊維の生成を促進し、フリーラジカルを排除することから、角質細胞の衰退を抑制しシワの予防効果を発揮すると発表しています。
この実験では水素水のお風呂を用意し、6名の日本人に毎日0.2〜0.4 ppmの水素水で3ヶ月間入浴してもらい、3ヶ月後首とと背中の皮膚を入浴前と比較しました。すると4名の被験者の皮膚のシワが明らかに減っていることが分かりました。
これにより、水素水の抗酸化力は日常生活で受けた紫外線や放射線のダメージを防ぎ、シワを予防することが証明されました。

 

細胞の保護効果

 

2012年には韓国で動物実験を行い、以下のことを証明しています。
皮膚を構成する線維芽細胞と角質の細胞を紫外線で損傷させ、1.13ppmの水素水で洗浄したところ3〜5日後には線維芽細胞のコラーゲンの合成量が1.85〜2.03倍に増加しました。
また、免疫染色(特定の物質を染め出して調べる検査方法)ではコラーゲンは細胞核の周囲に多く分布しており、水素水は細胞核の凝固や核酸断片の形成といった角質細胞のDNA損傷を保護する働きがあることなどを証明しました。

FX Online Japan評判